ドラマ

パクヒョンシクの出演ドラマ一覧や最新ドラマ、主演ドラマをご紹介!

こんにちは。Kです。今回はパクヒョンシクさんの主演ドラマ、最新ドラマやプロフィールをご紹介します。


プロフィール

ハングル表記名:

박형식(Park Hyung-sik)

生年月日 :

1991年11月16日

身長 :

185cm

血液型 :

AB型

特技 :

フェンシング

ポジション :

ヴォーカル

出身:

韓国京畿道龍仁市

パクヒョンシクさんは元々2010年にアイドルグループ「ZE:A」(ゼア)の一員としてデビューしました。しかし、所属事務所が変わったり、メンバーの移籍や兵役に行ったりなど、様々なことが重なり、グループ自体は解散してはいないようですが、事実上の解散ということになっているようです。ヒョンシクさんはZE:A時代から演技アイドルとして好評だったそうです。

出演ドラマ一覧

SBS「愛の贈りもの~My Blessed Mom~」(2012)

ヒョンシクさんはこのドラマで本格的に俳優活動をスタートさせました。チェリンの異母弟、タッピョルの友人として「オ・スヒョン」という役名で主演していますが登場時間はあまり多くはないです。

KBS「シリウス」(2013)

ヒョンシクさんは俳優デビュー後初めて一人二役を演じたドラマです。このドラマで双子のト・ウンチャンと、シヌの学生時代役を演じました。俳優でデビューしてから間もないのにかなり難易度の高い演技を苦戦しながらも見事やり遂げ、一気に有名になりました。

tvN「ナイン~9回の時間旅行~」(2013)

このドラマでヒョンシクさんはイ・ジヌクさん演じる主人公パク・ソヌの高校生時代を演じました。キム・ビョンス監督は彼の演技を誉め、このドラマで俳優としてその名が知れ渡りました。

SBS「相続者たち」(2013)

「相続者たち」は富裕層の高校生の甘酸っぱい恋愛と友情を描いた青春ドラマで、ヒョンシクさんはその高いビジュアルで大きな反響がありました。

KBS「家族なのにどうして~ぼくらの恋日記~」(2014~2015)

ヒョンシクさん初めての主演ドラマでした。なんとこのドラマで、KBS演技大賞の新人賞とベストカップル賞を受賞しています。

SBS「上流社会」(2015)

「上流社会」では今までの役柄とは少し違った雰囲気の韓国の格差社会の現実を表す、財閥の一族の役をやっていました。演技の幅がとても広いことが知れ渡りました。

KBS「花郎(ファラン)」(2016~2017)

若手イケメン俳優やアイドルが勢ぞろいしたことでも話題のファラン。その中でも主演を務め、存在感がありました。ファランはかなり視聴者からの評価が良く、オススメのドラマです。

tvN「力の強い女 ト・ボンスン」(2017)

ファラン同様とても人気なドラマで、JTBCのドラマとしては、史上最高の視聴率を出した大ヒットドラマです。こちらもとってもオススメのドラマです。

KBS「SUITS」(2018)

アメリカの大ヒットドラマのリメイクです。内容ももちろん面白かったのですが、何といってもヒョンシクさんのスーツ姿が最高でしたね。こちらも視聴率が高かったドラマです。

主演ドラマは?

主演ドラマは「家族なのにどうして~ぼくらの恋日記~」「上流社会」「花郎(ファラン)」「力の強い女 ト・ボンスン」「SUITS」です。この中でも特にヒョンシクさんの素晴らしさが出ているオススメのドラマは「花郎(ファラン)」と「力の強い女 ト・ボンスン」です。

ファランは1500年前の新羅時代を舞台に「花郎」と呼ばれる若者たちの情熱と愛、成長を描いたドラマで、剣術のシーンがとても多く、ヒョンシクさんは剣道の有段者なので見事な剣さばきを見ることが出来ます。ト・ボンスンは怪力を持つパク・ボヨンさん演じるト・ボンスンという女性が、ヒョンシクさん演じるゲーム会社のCEOと、ジスさん演じる刑事との間で繰り広げられる恋愛ものです。恋愛だけでなく面白さもこのドラマの特徴だと思います。どちらもオススメなのでぜひ見てみてください。

InstagramやTwitterは?

ヒョンシクさんのInstagramはあるのですが、2019年現在ではTwitterはZE:A時代のものしかありませんでした。

Instagram⇒https://www.instagram.com/phs1116/?utm_source=ig_embed

最新情報は?

パクヒョンシクさんが2019年6月10日に陸軍の首都防衛司令部の特殊任務憲兵に入隊が決まりました。任務の内容は、軍の犯人検挙、主要人物の警護などだそう。除隊は2021年1月4日を予定しています。そのため、5月15日に公開された「陪審員たち」が入隊前最後の作品になります。


写真引用元⇒https://twitter.com/zea_hyungsik

この記事を見た方におすの記事
パク・ヒョンシクの所属部隊はどんなところ?除隊日は?

スポンサーリンク