ドラマ

「ペク・ドンス」のあらすじやキャスト・相関図・視聴率・OSTをご紹介!

こんにちは。Kです。今回は韓国ドラマ「ペク・ドンス(韓国語題名:무사 백동수)」のあらすじやキャスト・相関図・無料視聴方法・視聴率・OSTなどをご紹介します。

「ペク・ドンス」作品情報

「ペクドンス」の画像検索結果

「ペク・ドンス」は2011年~韓国のSBSにて放送されたテレビドラマです。
本作は朝鮮時代に実在した「イ・サン(正祖)」の護衛武官のペク・ドンスにスポットライトをあてた作品です。

キャスト

役名 俳優 役設定
ペク・ドンス チ・チャンウク
子役:ヨ・ジング
腕と足に障害がありながら武術を習得し、護衛武士となる。
ヨ・ウン ユ・スンホ
子役:パク・コンテ
幼少時父親に見捨てられ、天のもとで刺客となる。
ペク・サグェン オム・ヒョソプ ドンスの父親。
パク氏 キム・ヒジョン サグェンの妻でドンスの母親。
ヨ・チョサン イ・ゲイン ウンの父親。
ファン・ジンジュ ユン・ソイ
子役:イ・ヘイン
ドンスの友人。
ユ・ジソン シン・ヒョンビン
子役:ナム・ジヒョン
北伐之計の秘密を守る一族の生き残り。

※一部抜粋

オススメ記事
韓国時代劇ドラマをもっと楽しむために!韓国時代劇ドラマ用語集

相関図

「ペクドンス」の画像検索結果
引用元:https://kankokudoramaarasuji.com/

あらすじ

18世紀、第21代王・英祖が治世する朝鮮では、軍を掌握した老論派の勢力が王の権威を脅かしていた。英祖の息子、思悼世子(シドセジャ)は老論派の策略により謀反の罪で糾弾され、世子の忠臣ペク・サグェンは身代わりで処刑される。
サグェンの友人で朝鮮一の剣仙キム・グァンテクは、産まれたばかりのサグェンの息子ドンスを連れて逃げるが捕まり、自らの片手を切り落とすことを条件にドンスの命を救う。そして、ひょんなことからドンスはグァンテクの仲間であるフクサモのもとで育つことに。
一方、人を殺めてしまう不吉な相“殺星(サルソン)”を持って生まれたヨ・ウンは、その不幸な星のため父とぶつかり、偶然出会った清の殺人集団「黒紗燭籠」の天(チョン)のもと、刺客として育てられる。
やがて、世子は北伐の夢を叶えるため護衛部隊「壮勇衛(チャンヨンウィ)」を再建し、そこに送り込まれたドンスとヨンは、厳しい訓練の中、良きライバルとして成長していく。だが、老論派と「黒紗燭籠」は世子の暗殺をもくろみ、世子を守るドンスと、実は「黒紗燭籠」のスパイであるヨンの対立が始まっていく……。

出典:https://www.bs4.jp/donsu/outline.html

視聴率

韓国国内の視聴率(首都圏)をご紹介いたします。※青文字が最低視聴率、赤文字最高視聴率※TNmS視聴率

放送回 視聴率
1回 10.3% 16回 19.9%
2回 12.1% 17回 21.5%
3回 13.4% 18回 20.3%
4回 14.9% 19回 18.2%
5回 16.8% 20回 19.4%
6回 18.1% 21回 15.7%
7回 20.7% 22回 17.5%
8回 20.2% 23回 19.7%
9回 18.0% 24回 19.2%
10回 16.4% 25回 18.9%
11回 18.8% 26回 19.8%
12回 16.3% 27回 18.2%
13回 20.9% 28回 21.5%
14回 21.6% 29回 19.8%
15回 19.5%  

OST

※日本語版

1.野餒
2.恋におちる
3.愛のために
4.一日だけ
5.私がいます
6.コヨ
7.The Only Road
8.狂おしくて
9.もう一度会えたら
10.野餒 (Acoustic)
11.恋におちる (Inst.) (Bonus Track)
12.愛のために (Inst.) (Bonus Track)
13.一日だけ (Inst.) (Bonus Track)
14.私がいます (Inst.) (Bonus Track)
15.The Only Road(Inst.) (Bonus Track)

無料視聴方法

U-NEXTの30日間無料トライアルに申し込むと「ペク・ドンス」「イ・サン」「テバク~運命の瞬間(とき)~」など多数の大人気韓国ドラマを全話無料で見ることができます。
U-NEXTの31日間無料トライアルに申し込む

この記事を見た方におすすめの記事
「イ・サン」のあらすじやキャスト・相関図・主題歌・無料視聴方法をご紹介!

「六龍が飛ぶ」のあらすじやキャスト・相関図・主題歌をご紹介!無料で見るには?

U-NEXTの評判や口コミを調査!韓国ドラマは多い?料金は?

※内容は予告なく変更される場合があり、正確性を保証するものではありません。掲載情報は自己責任においてご利用ください

スポンサーリンク
オススメ記事はこちら