アーティスト

ENHYPEN ヒスンのプロフィール!誕生日や身長、ハングル、英語表記などご紹介

こんにちは。Kです。今回は、ENHYPEN(エンハイフン / エンハイプン)のヒスン(HEESEUNG)さんの本名やハングル(韓国語)、英語表記、身長、性格、出身地、インスタ(Instagram)、TXTメンバーとの仲などについてご紹介します。※PR

プロフィール

  • 芸名:HEESEUNG(ヒスン、희승)
  • 本名:イ・ヒスン(Lee Heeseung)
  • ハングル:이희승
  • 生年月日:2001年10月15日
  • 血液型:A型
  • 身長:180cm
  • 体重:64㎏
  • 足のサイズ:27㎝
  • 出身地:韓国京畿道
  • 国籍:韓国
  • 家族構成:両親、兄
  • ポジション:-
  • 練習生期間:3年1ヶ月
  • 番組内順位:5位(最終得票数:1,137,323票)
  • ロールモデル:お父さん
  • MBTI:INFJ → INFP → ISFP → INTP → ISTP → ESTP → INTP

スポンサーリンク




あだ名

バンビ”“万能センター”、ヒスンヒョン、ヒスンなどとメンバーやENGENE(ENHYPENのファンの名称)から呼ばれています。

性格や特徴は?

リーダシップ抜群!

デビューサバイバル番組「I-LAND」が始まった時からトップレベルのスキルを持っていると評価され、リーダーを務めたことがありました。

そんなヒスンさんでも番組内で良かれと思ってしたことが、逆に練習生の間で歪みを生ませてしまった経験があり、それらを経てさらに周りをよく見て最善のサポートをしたり、誰よりも練習生のことを理解できるようになりました。

ENHYPENとしてデビューした後も、リーダーではないもののグループの長男として責任を持ってメンバーと関わったりサポートしています。そんなヒスンさんのことをメンバーは誇らしく思っています。

万能センター

ヒスンさんは、あだ名(愛称)にも『万能センター』が出てくるほど、自他共に認める『万能センター』です。ボーカルスキル、ダンススキル、そしてビジュアルの全てにおいてその他の練習生から一目置かれる存在でした。

そのため、「I-LAND」では最初からプロデューサー陣からの注目を浴びていました。

練習生時代

TXTとしてデビューしていた!?

ヒスンさんはBigHitエンターテインメント(現HYBE)の練習生として3年1ヶ月もの間、デビューに向けて練習に励んでいました。そして「I-LAND」に出演したわけですが、ファンの間では”TXTのメンバーとしてデビューする予定だったのではないか”といった噂がまことしやかに囁かれています。

その理由として、

  • TXTのメンバーの練習生歴とほぼ被っている
  • TXTのメンバーと仲良し
  • 「I-LAND」出演時から実力がありすぎる

以上この3つが主に言われています。

また、パクヒョンシク代表も”TXTのメンバーに入れるくらいのレベルだ”と話していたので、TXTメンバーとしてデビューする予定だった説が濃厚なように思います。

スポンサーリンク




「I-LAND」出演時

先程も述べましたが、番組が始まった時から実力とリーダーシップがずば抜けていました。

趣味や特技、好きなものは?

ヒスンさんの趣味や特技、好きなものをご紹介していきます。

趣味や特技

絶対音感をもっているそうです。小学生の時に車の運転をしているお父さんのおならの音を聞いた際に自分が絶対音感があることがわかったのだとか。

スポンサーリンク




好きなもの

ゲームが好きでFIFAやLeague of Legendsなどのゲームをよくするそうです。
ゲームの実力があり、メンバーのソンフンさんやニキさんはヒスンさんに勝つことを目標とすることもあるそうです。

  • 好きなスポーツ:バスケットボール
  • ソウルフード:ラーメン
  • 好きな映画ジャンル:アニメ

インスタは?

2023年10月現在、ヒスンさんは個人インスタを開設しておりません。

まとめ

大人気のENHYPENですが、これからの更なるヒスンさん個人の活躍にも目が離せませんね。

created by Rinker
¥7,190
(2023/12/07 12:38:33時点 楽天市場調べ-詳細)

この記事を見た方におすすめの記事
ENHYPEN(エンハイフン)のメンバープロフィール!身長や性格、ハングルなど年齢順にご紹介!

写真引用元⇒https://twitter.com/ENHYPEN

※内容は予告なく変更される場合があり、正確性を保証するものではありません。掲載情報は自己責任においてご利用ください※PR

スポンサーリンク
オススメ記事はこちら