アーティスト

2019MAMAの名古屋開催が決定!日程や会場、出演者、チケット、視聴方法などについてご紹介します

こんにちは。Kです。今回は、「2019 MAMA(Mnet Asian Music Awards)」の日程や会場、出演アーティスト、チケット詳細などについてご紹介します。

MAMAとは

スポンサーリンク




「Mnet Asian Music Awards(MAMA)」は今年で11回目を迎えるCJ ENM 主催のアジア最大級の音楽授賞式です。
1999年に「Mnet KM MUSIC Festival(MKMF)」としてスタートし、約10年間は韓国国内で開催、2009年より名称を「Mnet Asian Music Awards(MAMA)」に変更しました。

過去には、BIGBANGやEXO、BTS、TWICEなども受賞しています。

日程・会場

日本開催の場合

日程:12月4日(水)
レッドカーペット:16:00~(予定)/授賞式:18:00~(予定)
会場:ナゴヤドーム

香港開催の場合

24日韓経ドットコム取材の結果、CJ ENMは昨年に続いて今年も、日本で「エムネットアジアンミュージックアワード(Mnet Asian Music Awards、以下MAMA)を進行する。2017年から3年目のイベントを進行することになった。

ただし、2012年から昨年までの授賞式が開催された香港は、最近のデモで状況が悪化し、今年は進行していないことを決定した。

しかし、今年6月から香港では犯罪人人道法(別名送還法)への反発でデモが続いており、日本とは貿易紛争で、反日運動まで起こり開催地の選定に困難を経験した。本来MAMAの開催地は、8月前に決まって公式発表されたが、今年は今までにMnet側は「議論中」とだけ立場を明らかにして慎重な姿を見せてきた。

ある歌謡界関係者は「日本で大規模の公演を進行する場合、ほぼ1年前から場所渉外に入る」とし「すでに決定されたスケジュールをキャンセルしたり、変更することは容易なことではない」と反日気流の中にも韓流歌手らの大型コンサートが日本で行われた背景を伝えた。MAMAの日本開催地の選定もこの関係はありませ運賃との解釈が出ている。

ただし、日本現地ファンたちを対象としたコンサートとは異なり、MAMAは韓国でも中継が行われるという点で、いくつかの国内での反応が出るの関心が集まる状況である。

引用&翻訳 https://www.hankyung.com/life/article/201909239047H

※自動翻訳を使用しているので、文脈や言葉が多少おかしいところもありますが、あらかじめご了承ください。

この文面から考えると、今年は香港でMAMAを開催する可能性は低いものと考えられます。ですが、開催の有無はまだはっきりとわかっていないので、公式から情報が更新され次第随時お知らせします。

賞の種類・出演者

賞の種類

今年の賞の種類がまだ発表されていないので、昨年の賞を参考にご紹介します。

賞の種類

・今年の歌手賞
・今年の歌賞
・今年のアルバム賞
・今年のワールドアイコン賞
・男性新人賞
・女性新人賞
・男性グループ賞
・女性グループ賞
・男性歌手賞
・女性歌手賞
・ベストダンスパフォーマンス男性グループ賞
・ベストダンスパフォーマンス女性グループ賞
・ベストダンスパフォーマンスソロ賞
・BEST NEW MALE ARTIST
・FAVORITE DANCE ARTIST JAPAN
・FAVORITE MUSIC VIDEO
・FAVORITE VOCAL ARTIST
・FAVORITE DANCE ARTIST MALE
・FAVORITE DANCE ARTIST FEMALE
・KISS ME STYLE IN MUSIC
・WORLDWIDE FANS’ CHOICE TOP10
・ベスト・ニュー・アジアン・アーティスト
・ベスト・プロデューサー賞
・ベスト振付師賞
・ベスト・アートディレクター賞
・ベスト制作者賞
・ベスト・オブ・ネクスト
・ベスト・トレンド
・M WAVE Global Choice
・ニュー・アジアン・アーティスト
・ディスカバリー・オブ・ザ・イヤー
・ベスト・ヒップホップ&アーバン・ミュージック
・ベスト・バンド・パフォーマンス
・ベスト・OST(劇中歌)
・ベスト・ボーカル・バフォーマンス(ソロ)
・ベスト・ユニット
・TikTok most popular artist
・TikTok ベスト・ミュージックビデオ
・ベスト・アジアン・スタイル
・ベスト・アジアン・アーティスト・マンダリン

出演者

CHUNG HA、GOT7MAMAMOOMONSTA XSEVENTEENTWICEBTSTXT、ATEEZ、ITZY、ONEUS、WayV、デュア・リパ、パク・ジニョン

<MC>
メインMC:パク・ボゴム

※IZ*ONE、X1は不参加となりました。

受賞者

男女グループ賞

・防弾少年団
・TWICE

ワールド・パフォーマー

・MONSTA X

フェバリット・ボーカル・パフォーマンス

・MAMAMOO

フェバリット・ダンス・パフォーマンス

・GOT7

Qoo 10フェバリット・アーティスト

・防弾少年団
・TWICE

男女新人賞

・ITZY
・TXT(TOMORROW X TOGETHER)

ベスト・ミュージックビデオ賞

・防弾少年団

今年のアルバム

・防弾少年団

ベスト男性アーティスト

・EXO ベクヒョン

ベストOST

・GUMMY

ベスト・ボーカル・パフォーマンス・グループ

・赤頬思春期

インターナショナル・フェバリット・アーティスト

・デュア・リパ

ベスト・ニュー・アジア・アーティスト

・WayV

ワールド・ワイド・ファン・チョイス・トップ10

・防弾少年団
・GOT7
・SEVENTEEN
・TXT(TOMORROW X TOGETHER)
・MONSTA X
・ATEEZ
・TWICE
・BLACK PINK
・EXO
・X1

セルリターン女性歌手

・I.O.I出身キム・チョンハ

ベスト・ダンス・パフォーマンス・グループ

・防弾少年団
・TWICE

今年のワールド・ワイド・アイコン

・防弾少年団

ベスト・ボーカル・パフォーマンス・ソロ

・少女時代 テヨン

ベスト・バンド・パフォーマンス

・Jannabi

ベスト・コラボレーション

・イ・ソラ(Feat. 防弾少年団 SUGA)

ベスト・ダンス・パフォーマンス・ソロ

・I.O.I出身キム・チョンハ

ベスト・ヒップ&アーバン・ミュージック

・Heize

ブレークスルー・アチーブメント

・SEVENTEEN

ベスト・コンポーザー・オブ・ザ・イヤー

・Pdogg

ベスト・エンジニア・オブ・ザ・イヤー

・クォン・ナム

ベスト・ビデオ・ディレクター・オブ・ザ・イヤー

・LUMPENS

ベスト・エグゼクティブ・プロデューサー・オブ・ザ・イヤー

・Big Hitパン・シヒョク代表

今年のソング

・防弾少年団 「Boy With Luv」

今年のアーティスト

・防弾少年団

チケット詳細

<値段>
○定席(授賞式)¥22,000(税込)
※全席指定
※本チケットではRed Carpetへご入場いただけません

○レッドカーペット入場券¥5,000(税込)
※整理番号順入場
※本チケットでは本公演(授賞式)へご入場いただけません

※3歳以上要チケット、3歳未満入場不可
※チケットは指定席・Red Carpet入場券ともにお1人様2枚まで購入可能
※授賞式・Red Carpet入場時、手荷物検査有り

<購入方法>
1次先行受付:10月31日(木)12:00~11月5日(火)23:59
※チケットは先着順ではございません

プレイガイド[全チケット]
・チケットぴあ:https://w.pia.jp/t/2019mama/
・Qoo10:http://mama.qoo10.jp/ticket

プレイガイド[1次先行のみ]
・uP!!!ライブパス Plusプラン、auスマートパスプレミアム:https://www.up-now.jp

視聴方法

「2019 MAMA」はCS放送「Mnet」にて会場から生中継・生配信の予定で、オンエア時間等の詳細は決まり次第、「2019 MAMA」の日本公式ホームページにて発表されます。

2019MAMA日本公式ホームページ⇒https://mnetjp.com/mama/2019/

写真引用元⇒http://news.kstyle.com

※内容は予告なく変更される場合があり、正確性を保証するものではありません。掲載情報は自己責任においてご利用ください

この記事を読んだ方におすすめの記事
「GAON CHART MUSIC AWARDS 2020」の日程や会場、出演者、賞の種類などについてご紹介

スポンサーリンク