ドラマ

【青い海の伝説】キャストやあらすじ、OST、相関図、配信サービスは?

こんにちは。Kです。今回は韓国ドラマ『青い海の伝説(韓国語題名:푸른 바다의 전설)』のあらすじやキャスト、視聴率、主題歌、OSTなどをご紹介します。

『青い海の伝説』作品情報

『青い海の伝説』はSBSにて放送された韓国ドラマです。
韓国での最高視聴率23%を獲得するほどの大人気作品です。

韓国での放送期間:2016年11月16日~2017年1月25日

キャスト

※一部抜粋、敬称略

  • シムチョン〈前世:セファ〉(チョン・ジヒョン)
    海から陸地に上がってきた人魚で人の言葉は話せない
  • ホ・ジュンジェ(イ・ミンホ)
    〈現代〉冷静沈着な詐欺師
  • キム・タムリョン(イ・ミンホ)
    〈朝鮮時代〉正義感が強い武官で人間に捕まってしまった人魚を助ける
  • チョ・ナムドゥ(イ・ヒジュン)
    相手の警戒をすぐに解くことができる、ジュンジェを詐欺の世界に導いた
  • テオ(シン・ウォンホ)
    ジュンジェに誘われて韓国に来た、無口な天才ハッカー
  • マ・デヨン〈前世:ヤン氏〉(ソン・ドンイル)
    指名手配されている殺人容疑者

スポンサーリンク




相関図

引用元:https://www.bs-tbs.co.jp/aoiumi/chart.html

あらすじ

1598年、海岸に打ち上げられた美しい人魚・セファは、県令のタムリョンに命を救われる。時は流れ、現代のソウル。タムリョンは稀代の詐欺師・ジュンジェに生まれ変わり、世界中で詐欺を働いていた。ある日、彼はホテルで見知らぬ女性を見つけるが…。

出典:https://video.unext.jp/title/SID0032242

スポンサーリンク




視聴率

韓国国内(全国)の視聴率をご紹介いたします。※青文字が最低視聴率、赤文字最高視聴率※ニールセンコリア視聴率

放送回 視聴率
1回 18.0% 11回 18.1%
2回 16.4% 12回 18.7%
3回 17.2% 13回 17.2%
4回 18.4% 14回 18.7%
5回 18.5% 15回 20.1%
6回 22.1% 16回 20.7%
7回 19.2% 17回 23.0%
8回 19.1% 18回 19.9%
9回 18.8% 19回 22.2%
10回 19.3% 20回 18.8%

OST

Disc1

  1. 『Sound Of Ocean』
  2. 『どこかでいつか』ソン・シギョン
  3. 『あなたという世界』ユン・ミレ
  4. 『あなたに傾いていく』ジョンヨプ
  5. 『Love Story』Lyn
  6. 『ときめく少年のように』ハ・ヒョヌ(GUCKKASTEN)
  7. 『風の花』イ・ソニ
  8. 『バカ』ケン(VIXX)
  9. 『万が一』セジョン(gugudan)
  10. 『一日に一つずつ』パク・ユンハ
  11. 『僕はどうして』コーヒー少年
  12. 『Memories』
  13. 『The Last Time』

スポンサーリンク




Disc2

  1. 『隠された話(feat.ハン・アルム)』2nd Moon
  2. 『私の名前(feat.ハン・アルム)』
  3. 『次のこの時間に』
  4. 『君を探しに行く道』
  5. 『人魚の海1』
  6. 『人魚の海2』
  7. 『人魚の海3』
  8. 『消えた記憶(feat.ハン・アルム)』
  9. 『甘い待ち時間』
  10. 『一緒だから好き』
  11. 『あなたが立っている場所』
  12. 『期待するよ』
  13. 『灯台』
  14. 『夢の中で(feat.ハン・アルム)』
  15. 『消えた記憶(reprise)』
  16. 『心が見える』
  17. 『真珠の真心』
  18. 『Agent Blue』
  19. 『私が住んでいた場所には』
  20. 『私の名前(reprise)』
  21. 『また会えるだろうか』

無料視聴方法は?

2021年5月現在、『青い海の伝説』は動画配信サービスU-NEXTで独占配信をしています。
U-NEXTなら『青い海の伝説』を無料でフル視聴可能!

このドラマをU-NEXTで無料で見る

この記事を見た方におすすめの記事
【僕を溶かしてくれ】キャストや視聴率、OST、配信サービスは?

【彼女はキレイだった】キャストや相関図、あらすじ、OST、無料視聴方法は?

写真引用元⇒https://programs.sbs.co.kr/drama/bluesea/main

※内容は予告なく変更される場合があり、正確性を保証するものではありません。掲載情報は自己責任においてご利用ください
※PR

スポンサーリンク
オススメ記事はこちら