イベント

ソウルの花火大会最新情報!2019「ソウル世界花火祭り」の開催日時をご紹介

こんにちは。Kです。今回はソウル最大規模の花火大会「ソウル世界花火祭り」について花火を存分に楽しむことができるオススメスポットや開催日時などをご紹介します。

スポンサーリンク




ソウル世界花火祭りとは?

「ソウル世界花火祭り」は、毎年9月末または10月初めの土曜日に開催される韓国でも有数の花火大会。韓国の火薬メーカーを母体にした企業グループHanwha(ハンファ)主催で、2000年からソウルの여의도(ヨイド)で行なわれているソウルの秋の風物詩です。

世界各国の花火が見られる

名前に「世界」とついているのは、世界各国の花火師が1つのチームとなって、国別に花火を打ち上げるためです。日本からも数回参加しています。韓国の花火大会は、とにかく次から次へと打ち上げるので、とにかく派手!なイメージがあります。時期も10月なので、夜は少し肌寒いですが、日本の蒸し暑さとは違って涼しいので見やすいです。

どこから見れる?

花火を存分に楽しめるおすすめのスポットをご紹介します。

63ビルディング周辺

63ビルディング

ソウル世界花火大会のメイン会場となるのは「63ビルディング」前にある「汝矣島(ヨイド)漢江公園」。やっぱり、近くなので大迫力の花火を楽しむことができます。特設ステージで行なわれる公開番組収録やフォトゾーン、夜市の屋台などイベントも盛りだくさんです。しかし近いだけあって開始数時間前から混雑するので、早めに場所取りしないと、ゆったりと見ることは出来ません!ぜひ、時間に余裕を持って場所取りしてみてください。

63ビルディング対岸

汝矣島の63ビルディングなどが良く見える「二村漢江公園」

63ビルディング対岸の、漢江鉄橋(ハンガンチョルギョ)北端から元暁大橋(ウォニョデギョ)北端は、絶好の写真撮影スポットです。そこから東のほうにある、漢江大橋(ハンガンデギョ)中間にある「ノドゥル島」や「二村(イチョン)漢江公園」からも花火がよく見えます。川沿いの公園なので、見晴らしが抜群です。

南山(ナムサン)公園

「Nソウルタワー」がある「南山(ナムサン)公園」の南側展望台からも良く見れますが、人気スポットなので混雑必死です。最高に見晴らしがいいのですが、その分混雑は避けられません。循環バスや「南山ケーブルカー」も大混雑します。

どこから見るかは、自分好みの場所を見つけてみてください!どこから見るにせよ、行き帰りの大混雑は避けられないので、時間に余裕をもって場所取りや、帰りの電車に乗るようにしたほうが賢明でしょう。


屋台も賑わう!

やはり、花火といえば屋台!何歳になっても屋台には惹かれてしまいますね。63ビルディングの周辺は屋台がたくさん出ています。10月といえども韓国の10月の夜は冬並みになることもあります。温かい食べ物や飲み物を頂きながら観賞するのもいいですね。

大会情報

大会情報をお伝えしていきます。

開催日

2019年10月5日に開催を予定しています。

※予定なく変更される場合があるのでご注意ください

何時から?

スタート時間は毎年前後することがありますが、
例年19時からスタートし、21時までの約2時間です。
※多少時間が前後することがあります。ご了承ください。

開催場所

ソウル特別市 永登浦区 63路 50, 公園内
(서울특별시 영등포구 63로 50, 공원내)

会場へのアクセスは?

地下鉄5号線汝矣ナル(ヨイナル、Yeouinaru)駅 3番出口
地下鉄9号線セッカン(セッカン、Saetgang)駅 3番出口
※花火が終わった後など、大変な混雑になる場合は電車の運行が規制されてしまうこともあるので、ご注意ください。

※現時点で最新の日程を紹介しています。最新情報が入り次第更新致します。

写真引用元⇒https://www.konest.com/

この記事を見た方におすすめの記事
釜山(プサン)の花火大会情報!釜山花火祭り2019の開催日時をご紹介

※内容は予告なく変更される場合があり、正確性を保証するものではありません。掲載情報は自己責任においてご利用ください

スポンサーリンク